忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


遅くなりましたが7日と19日の出演のご報告を☆


まず7日!

この日は、京のお麩屋・半兵衛麩さんの役員会にて「恵比須大黒」の出演をさせていただきました!
場所はハイアットリージェンシー京都・・・ここでの出演は(私は)2度目なのですが、素敵なホテルに毎回びくびくしてます。
学生が!こんな高級なところに!!という思いで・・・^^;
荷物を運ぶ手段のない学生の私たちですが、それゆえにタクシーで現場に向かいます。
「恵比須」の場合だと荷物と共に2、3人が、膝にも荷物をかかえながらぎゅぎゅっと乗り込みます。(そのほかのメンバーはバスや近ければ自転車で向かいます)
なんともリッチな気分です(状態はなんであれ 笑)

ついてすぐ、ホテルの方と打ち合わせに入ります。
今回は会場の方はもちろん、司会の人にも知らせないサプライズと言うことで、どうやったら驚かせることができるか?を直前の限れた時間で考えます。
舞台の奥行きは2mほど。しかしそこに奏楽が並び、金屏風が立てられている・・・となると舞うにはなかなか狭いスペースです。
そんなことをふまえ、奏楽の位置や出るタイミングなどを、打ち合わせます。
いつもは30分ほど話すところを10分におさえて、その時間を神楽にあててくださる!
そう聞いたからには頑張らねばと思います(・ω・´)!

そして本番!(残念ながら写真はありませんが・・・)

お話されていた方が脇に下がり、照明がおちます。
一瞬しんとしたところに、出掛けうたが響きます。
流しと共に金屏風が左右に開き奏楽陣が現れ、スポットライトに照らされます。
そして広場の後ろにもスポットがあたり、恵比須さま、大黒さまの登場―――

プチハプニングなどもありましたが、あたたかい目で見ていただけていたように思います。
出演は無事終了。
ご厚意でホテルのカフェでお茶までいただいてしまいました!

ありがとうございました!!!


――――――・――――――――・――――――――・――――――


そしてそして19日!
この日は二十一世紀倶楽部さんの会に「恵比須大黒」で出演させていただきました!
場所は南禅寺の近くにある桜鶴苑というところ・・・こちらもすごいところでした。
道路から建物までの小道に入った瞬間、乗っていた学生3人は3人とも「お――――――・・・」と身構えてしまいました。
雨だったのでタクシーから降りると傘までさしていただけました。

控室に案内され、着替えなど準備を始めます。
いつもは出演の30分くらい前から着替え始めるのですが、すでにあと20分の状態。
しかもその出演時間も「料理の4品目ぐらい」と言うアバウトなもので時間が分からない・・・。
そのうえバス組がまだ到着しない!
バタバタと、しかし客間も近いため極力静かに、急いで準備を進めます。
恵比須大黒の着付けもほぼ終わり、御幣などの準備中にバス組到着!
少し舞い合わせができるぐらいの余裕は出来ました。一安心!

そして本番!
今回も金屏風が後ろに・・・ということで奏楽陣は急きょ横に移動し舞うスペースを確保。
ひとつ前の「お楽しみ」だった舞子さんもお客さんの中に混じっておられました。
お酒の席と言うこともあり、みなさん笑顔で拍手もたくさんいただけ、素敵な雰囲気の会場でした^^
御花までいただいてしまいました!ありがとうございます!

終わった後、よかったよーと声をかけていただいたり、6日の時も見たよーとも言っていただけました!
このような声をかけていただけると大変うれしいです!!
その場が盛り上がるように、少しでも幸せな気持ちになってもらえるように・・・そう思いやっているので、
そんな気持ちが伝わったんだと、そして覚えてもらえているんだ、と感じられてやっていてよかったなと思います。

そしてまた新たなつながりが生まれそうです(^o^)
楽しみです♪


――――――・――――――――・――――――――・――――――


2つの出演まとめてではありますが報告を終わりたいと思います!
写真がなく申し訳ないです・・・

近々では28日の出演が控えています!
そしてその前に、明後日23日に、師匠がアメリカのお客さんと共にいらっしゃります!
大変!
その模様はまた後日(^_^)/
mi
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
サークルメンバー
性別:
非公開
自己紹介:
島根県西部に伝わる郷土芸能“石見神楽”の習得、研究、創作に取り組んでいる団体です。
これまでに大分、高知、大阪、そして京都と全国各地で公演を行っており、冬には島根県大田市温泉津町にて
『新春神楽』という舞台公演を企画し、地元及び観光客の方々に披露しております。

2005年より京都造形芸術大学において地域に残る歴史や文化、芸術に着目し、地域活性化につなげようと
『温泉津プロジェクト』を発足しました。
毎年夏に行われるこのプロジェクトは、過疎化の進みつつある島根県大田市温泉津町を、地元の神楽団である
「石見神楽温泉津舞子連中」と京都造形芸術大学の学生による「京都瓜生山舞子連中」とが協力し地域活性化を目指し、
様々な催し物を企画し行うプロジェクトです。

2008年からサークル活動としても動き出し、夏のプロジェクトとしての活動だけではなく、
一年通して芸能の習得、研究を目的として日々精進しております。
Twitter
最新コメント
[10/18 トリーバーチ ハワイ]
[04/10 mi]
[04/10 はるぷ]
[02/19 mi]
[02/19 百花繚乱]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
P R
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 京都瓜生山舞子連中ニュース All Rights Reserved