忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エコカー補助金が9月までというニュースがチラホラ、、、

早く車を買わなければ、、、

え?

車を買う理由ですか?

京都で使う機会なんてあまりないはずなのに、、、ガソリン代に駐車代に維持費に保険、、、たくさんお金がかかるのになぜ買うの?って?

それはね。

それはね。。。

月一回旅行にいくからです。

場所はもちろん。我らが温泉津。

さてさてつづきです。

出演中の写真はありませんが、、、
最後のフィナーレは全員で和太鼓の曲を演奏しました。
淀川7■■■
曲は鼓童の『いつかまた』です。(私は幕内から見てました。)

全員で叩く音。揃わなくても気持ちいい。

我々瓜生山は装束姿で、後ろの方へ。手拍子での参戦です。
笛ソロ、桶ソロが終わり、最後の盛り上がりへ。すると、ドンドン押されて瓜生山が前へ。あれ?

そして、曲も盛り上がり最後のフィニッシュへ。。
なんと、曲が終わった瞬間、瓜生山のメンバーがいた位置は、、、最前列。

しかも、、、一列。

さらに、、、装束姿。

からの、、、手拍子を構える真顔の姿。

偶然といいますか、今までに見たことない和太鼓のフィナーレの終わり方でした(笑)

片付けに入ります。

淀川6
今年の光華高校神楽和太鼓部の新入生が大蛇の頭を片付けていました。横目で見ていると、完璧なまでの畳み方でした。

そして、なんと、その畳み方。
私が昨年、光華の子に教えた畳み方でした。
先輩から後輩へちゃんと受け継がれていました。

思い返すと、、、温泉津で道具をしまうとき、師匠が「きっちりしまうといつまででもつかえるからな~」といいながら蛇頭の畳み方を教えてくれたのを覚えています。

だから、昨年、大蛇をやった光華高校の子にそのまま教えました。
すると、それが見事に伝わっていました。小さいことですが、これが伝統を伝承するということなではないでしょうか。とてもうれしく思いました。

そして、もう一つうれしいことが、、、
淀川7
光華高校の神楽和太鼓部の保護者の方々から花束をいただきました。

淀川8
『京都造形芸術短期大学』
『瓜山舞子連中』

正しくは『京都造形芸術大学』
『京都瓜生山舞子連中です』

しかし、そんなのはいいです。こうやって応援してくださる方々がいるということがうれしかったのです。
保護者の皆様、今後とも京都瓜生山舞子連中をよろしくお願いします。

淀川4
最後にみんなでパシリ!!

7月19日(月・祝)同じ高槻市現代劇場「みんなの音楽」という舞台でまた光華高校と『大蛇』を上演します。韓国帰りのミスターMASAOも参戦してくれます。ぜひ、お時間ある方はお越しくださいませ。

                          瓜生山の風 ミスター007
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
サークルメンバー
性別:
非公開
自己紹介:
島根県西部に伝わる郷土芸能“石見神楽”の習得、研究、創作に取り組んでいる団体です。
これまでに大分、高知、大阪、そして京都と全国各地で公演を行っており、冬には島根県大田市温泉津町にて
『新春神楽』という舞台公演を企画し、地元及び観光客の方々に披露しております。

2005年より京都造形芸術大学において地域に残る歴史や文化、芸術に着目し、地域活性化につなげようと
『温泉津プロジェクト』を発足しました。
毎年夏に行われるこのプロジェクトは、過疎化の進みつつある島根県大田市温泉津町を、地元の神楽団である
「石見神楽温泉津舞子連中」と京都造形芸術大学の学生による「京都瓜生山舞子連中」とが協力し地域活性化を目指し、
様々な催し物を企画し行うプロジェクトです。

2008年からサークル活動としても動き出し、夏のプロジェクトとしての活動だけではなく、
一年通して芸能の習得、研究を目的として日々精進しております。
Twitter
最新コメント
[10/18 トリーバーチ ハワイ]
[04/10 mi]
[04/10 はるぷ]
[02/19 mi]
[02/19 百花繚乱]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
P R
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 京都瓜生山舞子連中ニュース All Rights Reserved