忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GWは神楽強化合宿ということで、温泉津に行ってきました。
そして、本日朝6:30頃、京都に帰ってきましたよ~

というわけで、予告どおりこの五日間における温泉津の空模様をダイジェストでお送りしたいと思います。

温泉津空1
1日目。見ての通り快晴です。
島根の空や自然はどこか迫ってくるような美しさをもっています。

温泉津空2
2日目。どらんの通り快晴です。
春の花が野山に咲き、身も心も温かい気分になりました。

温泉津空3
3亀。春というか、、夏?という天気でした。半そで、草履で一日いると肌もほんのり焼けてしまいました。

温泉津空4
4日目。温泉津港近くから見た夕焼けです。恵まれたかのような天気でした。もちろん今日も一日中晴れ。気持ちよか。

温泉津空5
5日目。最終日は全般的には晴れ、少し曇ったり、雨も降りましたが、それも心地よく感じる天気でした。

以上。空模様でした。


振り返ってみるとこの4泊5日は本当に充実したいい日でした。

この合宿では人のぬくもり、やさしさ、をたくさん感じました。

『日々勉強』とか『日々感謝』とか言ってますが、合宿での稽古や出演以上にその部分においてこの5日間考えさせられ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

合宿の様子をお伝えするよりも何よりも先にこの気持ちをお伝えしたいと思います。

温泉津のみなさん。
『おっ、また来たな』と迎えてくださったり、お風呂を貸していただきました。また、お土産をくださったり、出演に見に来てくださり『がんばってください』と声をかけてくださり本当にありがとうございました。

井田のみなさん。
『夜寒くないか?』『神楽の練習も、生活も学生なんだから気にせず、元気にやりんさい。』『また、来いよ~。』『数々の温かい笑顔、、、』我々の合宿生活のを温かく迎えてくださり、また、パーティーまで開催していただき、本当にありがとうございました。

温泉津舞子連中のみなさん。
一緒に龍御前神社での出演をさせていただき、2回の公演をとおして、楽屋裏のこと、舞台のことを学ばせていただきました。
瓜生山の今後の出演に生かしたいと思います。
本当にありがとうございました。(私が言うは失礼ですが、舞のレベルが上がっていてびっくりしました。)

た〇◇◇神楽社中のみなさん。
突然の注文を快く受け入れ、丁寧に稽古をみていただけたこと、とても貴重な経験となりました。感謝しています。温泉津舞子連中や師匠から本場・本物の芸能を習っている我々ですが、そのこととは別のところで、本場の空気というか、生きてる芸能を見せていただきました。
本当にありがとうございました。

師匠のみなさん。。。(あ、師匠は一人でした)
この合宿の段取り、内容、我々の送迎、稽古、雑談、すべてにおいて仕事や出演、休みをそっちのけで、お世話してくださいました。我が師匠にはとても、とても感謝します。
師匠のご縁と努力で、我々がこの短期間でこれだけの経験をし、こんなにもすばらしい出会いを得ることができたことは言うまでもありません。
本当にありがとうございました。

この合宿で得たこれだけの経験を今後、団体として“感謝という形”でどのように返していけるのかが最大の課題ですね。

言葉で言うのは簡単ですが、それを行動にするのがミソです。

瓜生山のいけなかったメンバーにこの経験を伝えるのもそう。

今後、温泉津で精力的に活動するのもそう。

自分の制作活動にいかすのもそう。

師匠がよくいってます。

『世のため人のために』

自分が得た経験と成長を個人個人が、あるいは団体としてどのような形にして周りの人に影響させていけるのか、

経験を得て、学び、それを伝えて、また学ぶことで生まれるご縁と出会い。

これこそが、日本の明るい未来につながる気がします。

そうやってつながる和が『ふるさと大家族』でしょうか。

新年度早々、このような温かい気持ちになれて、私、幸せです。今年度もいいスタートがきれました。

ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。

PS1日1日の様子は時間をかけてゆっくり書きますのでお楽しみに。

                           瓜生山の(春)風ミスター007
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
サークルメンバー
性別:
非公開
自己紹介:
島根県西部に伝わる郷土芸能“石見神楽”の習得、研究、創作に取り組んでいる団体です。
これまでに大分、高知、大阪、そして京都と全国各地で公演を行っており、冬には島根県大田市温泉津町にて
『新春神楽』という舞台公演を企画し、地元及び観光客の方々に披露しております。

2005年より京都造形芸術大学において地域に残る歴史や文化、芸術に着目し、地域活性化につなげようと
『温泉津プロジェクト』を発足しました。
毎年夏に行われるこのプロジェクトは、過疎化の進みつつある島根県大田市温泉津町を、地元の神楽団である
「石見神楽温泉津舞子連中」と京都造形芸術大学の学生による「京都瓜生山舞子連中」とが協力し地域活性化を目指し、
様々な催し物を企画し行うプロジェクトです。

2008年からサークル活動としても動き出し、夏のプロジェクトとしての活動だけではなく、
一年通して芸能の習得、研究を目的として日々精進しております。
Twitter
最新コメント
[10/18 トリーバーチ ハワイ]
[04/10 mi]
[04/10 はるぷ]
[02/19 mi]
[02/19 百花繚乱]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
P R
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 京都瓜生山舞子連中ニュース All Rights Reserved