忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

白銀の舞2010 ①

『岩戸』の演目を説明します。
  この演目は、祭事及び神楽の起源を語るといわれています。弟神の悪行に悩まされた天照大御神(あまてらすおおみかみ)は天の岩戸(あまのいわと)にお隠れになり、世の中は常闇となります。そこで天兒屋根命(あめのこやねのみこと)、天太玉命(あめのふとだまのみこと)をはじめとする八百万の神々達のはからいにより、天宇津女命(あめのうづめのみこと)が天の岩戸の前で舞を舞います。その賑わいによって少し開かれた岩戸を天手力男の命 (あめのたぢからをのみこと)が懸命に開き、再び天照大御神が現れ、世の中に光が戻るというものです。

難しい名前が並んでいます。。。

 個人的に好きな見所は、舞と神楽うたの掛け合いと神楽の元始めと言われているシーン(天手力男命が懸命に岩戸を開く前で、天宇津女命が舞い踊る部分)でしょうか。
                         京都瓜生山舞子連中ミスター007
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
わー!
写真とってくれたんだ!ありがとう!!それにしてもよーきてくれたねー。お茶もできずごめんよー!こんどはゆっくりおいでー^^
月刊カワムラ 2010/03/04(Thu)18:15:44 編集
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
サークルメンバー
性別:
非公開
自己紹介:
島根県西部に伝わる郷土芸能“石見神楽”の習得、研究、創作に取り組んでいる団体です。
これまでに大分、高知、大阪、そして京都と全国各地で公演を行っており、冬には島根県大田市温泉津町にて
『新春神楽』という舞台公演を企画し、地元及び観光客の方々に披露しております。

2005年より京都造形芸術大学において地域に残る歴史や文化、芸術に着目し、地域活性化につなげようと
『温泉津プロジェクト』を発足しました。
毎年夏に行われるこのプロジェクトは、過疎化の進みつつある島根県大田市温泉津町を、地元の神楽団である
「石見神楽温泉津舞子連中」と京都造形芸術大学の学生による「京都瓜生山舞子連中」とが協力し地域活性化を目指し、
様々な催し物を企画し行うプロジェクトです。

2008年からサークル活動としても動き出し、夏のプロジェクトとしての活動だけではなく、
一年通して芸能の習得、研究を目的として日々精進しております。
Twitter
最新コメント
[10/18 トリーバーチ ハワイ]
[04/10 mi]
[04/10 はるぷ]
[02/19 mi]
[02/19 百花繚乱]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
P R
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 京都瓜生山舞子連中ニュース All Rights Reserved