忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そして合宿4日目。この日は朝から温泉津町内観光です!\(^o^)/
実家に帰るより温泉津に来てる方が多い・・・のに、実はあまり観光という観光をしたことがなく。
思う存分女子高生ときゃーきゃー言いながら楽しく観光しました☆




その後、師匠の工房にて神楽講座をしていただきました。
神楽の語源の成り立ちから始まり、神楽というものはどういったものなのかを習い、また神楽が芸能として今の形へとなっていった歴史を順を追って、時にはクイズや豆知識を交え、楽しく真剣に教えていただきました。

このように、改めて神楽の本質、意味、歴史を学ぶことにより、新たな視点で神楽を見つめ、そこから発見、理解、向上していけるのだと思います。それは自然と舞いにも繋がっていき、自分自身に繋がっていき、そしてまた学ぶことにより、新しい視点が生まれ・・・
まさに日々精進。深いです。


そして、師匠は常に自分自身で意識し、目指していること。
自分が最も大切にしていること。
舞子として、代表者としての心得についてもお話してくださいました。
師匠が日々私達に厳しくしてくださっていること、それは自分自身にも厳しいからこそ出来ることであり、常に向上し合える関係でいたいという、私達を一人の人間として認めてくださっている証なのだと感じます。

『学ぶ』ということは『真似る』ということ。
真似る(学ぶ)人間が、真似される(目標)人間となり、真似される(目標)人間が、真似る(学ぶ)人間となる。
学び合いがあるからこそ、人は成長できるのだと師匠は教えてくださいました。
師匠の考え、想いを知ることで、より私達も考え、それに答えていけるよう、気を引き締められていかなければ!という気持ちになれました。


2時間という短い時間でしたが、実に濃い2時間でした。
内容を全てお伝えできないことが本当に悔やまれます・・・。
もっと詳しく知りたい!という方がいらっしゃれば、師匠のブログを読むことをお薦めます!
師匠が熱く思いを語っている、篤いブログです。
右のリンク集の『小林工房』さんからも行けますので是非。


忠相
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
サークルメンバー
性別:
非公開
自己紹介:
島根県西部に伝わる郷土芸能“石見神楽”の習得、研究、創作に取り組んでいる団体です。
これまでに大分、高知、大阪、そして京都と全国各地で公演を行っており、冬には島根県大田市温泉津町にて
『新春神楽』という舞台公演を企画し、地元及び観光客の方々に披露しております。

2005年より京都造形芸術大学において地域に残る歴史や文化、芸術に着目し、地域活性化につなげようと
『温泉津プロジェクト』を発足しました。
毎年夏に行われるこのプロジェクトは、過疎化の進みつつある島根県大田市温泉津町を、地元の神楽団である
「石見神楽温泉津舞子連中」と京都造形芸術大学の学生による「京都瓜生山舞子連中」とが協力し地域活性化を目指し、
様々な催し物を企画し行うプロジェクトです。

2008年からサークル活動としても動き出し、夏のプロジェクトとしての活動だけではなく、
一年通して芸能の習得、研究を目的として日々精進しております。
Twitter
最新コメント
[10/18 トリーバーチ ハワイ]
[04/10 mi]
[04/10 はるぷ]
[02/19 mi]
[02/19 百花繚乱]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
P R
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 京都瓜生山舞子連中ニュース All Rights Reserved