忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

次の日。。。

海神楽111
私が起きると、てつ君、こうなってました。

顔を洗って、戻ってくると、、、

海神楽112
こうなってました。

本当にお疲れ様。

「自分は動けていない。」「気付けない。」

それが、彼の口癖でした。
しかし、なれない土地で、周りは先輩だらけ、男も私入れて4人という中で3ヶ月に渡るプロジャクトをここまでやりっきてくれましたよ。

海神楽113
片付けです。
このあとは打ち上げ。気持ちも足もかろやかに作業が進んでいきます。

さあ、打ち上げです。

q
みてください。この笑顔☆ 打ち上げ終盤のものです。

打ち上げ前に、

「この打ち上げだけは、自分から積極的に動きます!」

と意気込んでいました。

自ら打ち上げの司会に名乗りをあげた、てつ君。

みんなも「温泉津舞子連中の方とどんな話をする~?」って盛り上がってました。(え~と、、、、だから、本番のビデオ見るはもう少し、後にしてくださいね。。。みんな、その間、からめなくて、、、、お願いします(汗))


海神楽114
お酒も入り、盛り上がってしましたよ。

みなさん。お疲れ様でした。

海神楽115
海神楽の打ち上げの日は毎回、師匠の誕生日が近く、みんなで祝います。こんなたくさんの人に祝ってもらえる誕生日なんて最高ですよね。

師匠もお疲れさまでした。

海神楽116
この酒の入った、大盛り上がりの場所で、なぜかオカリナを吹きはじめるやつも、、、

しかも、選曲が癒し系。

しかも、「もういいです」という空気をよそに、吹き続ける彼、、、。

最後は、吹き終わってないのに、拍手で強制終了。

海神楽118
調子に乗りすぎたてつ君は、後で、温泉津舞子連中のMさんに怒られていました、、、。

、、、。。。、、、

冗談です。単純に何かの話を聞いている写真です。

さいごに、、、

今年の海神楽プロジェクトはいろんな『ドッキ!』とさせられることがありました。
だから、メンバーは本当に大変だったと思います。でも、それらをみごと乗り越えたと思います。

いろんな形で応援してくださった温泉津町のみなさん。
本当に、本当に、本当に、ありがとうございました。

そして、ブログでは一部の人しか、登場していませんが、、、(面白く書くために(笑))、、、この企画には18名もの学生がかかわっていました。18通りの努力がありました。

そして、やはり、私は、近くで見ていたからこそ、、、、、この企画を盛り上げてくれた学生メンバーの努力にお礼をいいたい!
みごと次へと繋げてくれた学生メンバーのみんなっ!!

ありがとう!

温泉津の人への感謝の気持ちと学生の姿を少しでも伝えられたらと思い、これまでいろいろ書きました。

人に頼む。
人から頼まれる。
人に支えてもらう。
人に迷惑をかける。
人の熱意を感じる。
人に思いを伝える。
人のあたたかさを感じる。
人の良さを知る。
人に感動してもらう。
人に感謝する。
人に感謝してもらう。

『人』を感じるプロジェクト。

『人』から学ぶプロジェクト。

それが、海神楽プロジェクトのよさです。

r
来年もどうぞよろしくお願いします。

今、新春神楽に向け新たな歴史が始動しています。
こうご期待!!!
                            瓜生山の風ミスター007
PR
今、瓜生山のメンバーは温泉津&山口合宿にいっています。
かねてから親交のあります、宮ノ馬場神楽舞保存会さんと現地、山口県の神社で出演をしているころでしょうか。
それとも、打ち上げをしていて、、、そろそろMくんの顔が赤から紫、そして、白変わっているころでしょうか?

私は、京都でお留守番。

昨日もメンバーがいつもより少ない中、稽古をしていました。
するとあることに気付きました。

今までは、この少ないメンバーなら通し稽古もろくにできませんでしたが、、、昨日は『塩祓い』が2人舞で、『恵比須』も2人舞で通すことができました。蛇もやりました。

これ、確実に個人の技量が上がっている証拠だと思います。合宿にいっているメンバーも確実に技量があがっているでしょう。

今月は立て続きに出演もいただいております。(その詳細はまた)

合宿メンバーが帰ってくる今週、金曜日の練習が楽しみです。


海神楽2-1
さて、海神楽本番前日となりました。弁当屋さんも応援してくださっています。

海神楽2-2
浜を整備した夜はそのまま、リハーサルです。

海神楽2-3
演目の順番、衣装の段取り、手道具作り、本番の流れの把握、時間キーパー、本番の各自の動きの確認、、、いろんなとことを一緒にやります。

みんなの疲労もピーク。

神経もピリピリ。

私自身もなぜか、イライラしていました。

でも、そんなことはどうでもいいというか、関係なくリハは進んで行きます。明日はやってきます。

そんなこんなで風呂にはいったのは午前1:00。。。
その気持ちを温泉がいやしてくれました。

この温泉津の温泉には本当に本当に本当に助かっています。

身も心も癒される場。

自分と、はたまたメンバーと、しんみり今日の出来事を振り返る場。

腹筋を鍛える場(昔は)

あがった後の最高の一杯を味わう場。

温泉津の温泉を味わったら京都で銭湯に入れなくなりますよ。
本当にありがたいのです。

そして、なにより、温泉をご好意で貸してくださる宿主のみなさまが夜の遅くにきても起きていてくださり、、、

「お疲れさん」

「今日は大変だったね」

「どうだい、疲れはたまってないかい」

と本当にあたたかい言葉の数々をかけてくださいます。
時には飲み物を差し入れていただき、時には、てんぷら蕎麦までご馳走していただきました。
我々のために、エールを送ってくださる。
我々を後押ししてくださる。
温泉の湯より、あたたかく、やわらかです。

本当に感謝です(涙)遅くなりましたが、そのせつは、本当にありがとうございました。

私も、みんなも、体は疲れても、心は満たされて、本番の日を迎えることができました。


                            瓜生山の風ミスター007

さあこの日の朝、京都瓜生山のメンバーとOB陣が温泉津に到着しました。

海神楽5-1
京都、東京、大阪、韓国、過去のプロジェクト経験者や今回はプロジェクトに参加ていなかって瓜生山舞子連中の子、OB陣とその弟、、、

と、いたるところから駆けつけてくれました。

会場の整備に向かいます。
毎年、1年ぶんの砂が浜から観客席へ風に吹かれてどんどんと流れてゆきます。
ようは、客席が砂で埋まってしまっている上に、浜辺が客席に向かって斜めにかたむいているのです。

海神楽5-2
今年はこれまでで一番砂の流れが激しかったと思います。

しかし、やるしかない。

海神楽5-3
雪かきならぬ、砂かきです。

シャベルで砂をソリやドラム缶にいれ、下へと運んで行きます。

今年の夏を想像してください。

日差し照りつける浜辺。

気温は37度を超えている。

その中での力仕事。

正直、きついですよ。

まあ、これが、自分の限界をこえる温泉津プロジェクトの真骨頂です☆

海神楽5-6
ちょういと休憩、、、。

すると、舞台監督の子から一言「間に合いません。。。」

「このスピードでやると本番前の総通しに、間に合いません。」

海神楽5-5
「どうしよう。。。」

その時、私の頭の中に彼らの姿が浮かびました、、、

海K
そう、過去にこの夏を乗り越えた伝説の男達の姿が、、、。

『たのむ、力をかしてくれ』

祈った、そのとき!!


海神楽5-7
登場☆

彼らの勇姿ある登場は希望という光に見えました。

その姿は力強く、
疲れきった我々の心をふるいたたせてくれました。


海神楽5-9
俺達にまかせろといわんばかりに、おしみない筋肉をみんなに見せつけていました。

海神楽5-8
どんどん作業は加速し、あっという間に舞台の土台となる部分が出来上がりました。


海K2
時間内ギリギリに終了です。

この海神楽という企画が本当に多くの方に支えられていると同時に、過去の経験者がこうして手伝ってくれる。その弟も手伝ってくれる。

本当に愛されている企画だなと思いました。

しかし、ふと考えます。なぜ、彼らは卒業してまだ温泉津にやってくるのか、(1人2人じゃないんですよ。)なぜ、こころよく手伝ってくれるのか?

私、思います。
過去のプロジェクトでは、彼らは、この活動を“好意”でやっていたんだと。

これは海神楽の作るための大切な作業、、、。

これは私に与えられた責任ある仕事、、、。

違うのです。

すべて、好意から生まれてくる。任せられたら、やりましょうという力(=行動力)なのです。
そして、好意と好意がぶつかって、作業(舞台を作り上げるまでのプロセス)を進めていく中で、協力と、感謝をする気持ちがみんなの心に自然にじわっと、時間をかけて、わいていたのです。

この温かい、なんともいえない気分を味わったからいこそ、また行こう!またこの企画を支えようと思い続けているのだと思います。

昔、こんなことを師匠に聞きました。

<帰りのバスの中、、、>

私「いや~今回、なんか、ホントいろいろしてもらって、とても感謝しています。なのに、、、こんなん言うと失礼ですが、師匠からは『こんなにしてやってるんだぞ』とか『ありがたく思えよ』、『どうだー』的な気持ちは全然感じません。」

私「なんで、師匠はこんなにみんなのために動けるのですか?」

と聞きました。

すると、師匠は一言。

師匠「それは、僕がみんなに感謝しているからだよ。」、、、。



『日々感謝』
それは表現するものではないのです。
積極的に形式的に伝えるものでもないのです。

感じて、自然とするものなのです。

この気持ちを感じるには、時間的、精神的余裕がないといけないとも思います。

好意を受け取ることができれば、感謝はうまれてきます。

感謝が生まれてくるから、好意を発信したくなるのです。

好意を発信すると、、、
う~ん。うまく言えませんが、『おだやかな気持ちになるでしょう。』

それが、もしかしたら『温泉津にまた行きたい♪』という思いにつながっているのかも知れません。

他の企画にはない、唯一、無二のこの経験。

その大切さを彼らから再度、教えてもらいました。

反省会をするとどうしても、次に向けての改善点が話にでます。
それはとても大切なこと。
けれど、私はその反省と同じいや、それ以上に、このような『感謝を感じる好意』にもっとスポットライトを当てて、経験してきたメンバーが話あってほしいなと思います。思い出しあってほしいなと思います。
そうすれば、この企画の“あたたかみ、よさ”にもっともっと気付くはずです。(あくまで私の視点からの話なので、失礼な話と受け取られるかたがおられましたら、謝ります。)

海神楽5-10
「他にやることは?」
さっていく姿もかっこいい。過去に『き〇くんの車にげぼげぼ事件』で伝説の男となったDくん(右)が、今や英雄です。(左はOBの中のKくんの弟、たまたまついてきました。彼は今年の新春神楽に参加するといっていましたが。どうなったのでしょう。)

                             瓜生山の風ミスター007
朝起きると亡霊が新聞を読んでました。

海神楽ー⑥-5
て・・・まだやってるのですか。。。

この日の稽古は、スペシャルなゲストが来てくださいました。

海神楽ー⑥
た△〇◇神楽社中のsさんとtさんです。

師匠のご縁で来てくださいました。

我々にとって現地の神楽団の方から教わるのはとても貴重な経験なんです。

お2人がきてくださると聞いてからの、みんなのテンションはめちゃめちゃ上がってました。

「スサノウのあの型教えてもらいたいな~」
「青い大蛇ってtさんかな~」
「恵比須見てもらえるかな~」
「亡霊の面、プレゼントしよかな~」

まぁそりゃそうですよ。
師匠にみっちり教えてもらっているといえど、やはりあの有名な神楽団の人がくるとなれば、まるで野球大好き少年がイチロー選手に教えてもらえるようなドキドキ感です。

海神楽ー⑥-1
みんな押し合い、へしあい、取り合い、我こそは先に教えてもらおうという感じ。

そして、実際に舞や楽をみせていただきましたが、舞いだすと独特の緊張感が神社に流れるのです。
力強く、美しいのです。
そして、神楽が好きだというのが自然と伝わってくるのです。
師匠もそうなんですが、本当に神楽が好きな人って、その人の神楽の世界観みたいなものが、観てるこっち側まで伝わってきて、自然と楽しそうやな~面白いな~と思ってしまうのです。
これが“魅力”というやつでしょうか?


もうかっこいいですよ。


ある女の子がぼそっといってました。
「あのスサノウのかっこ良さにいやされたわ~」と。

海神楽⑥-7
彼ですか?

うん?

え?

違うの?

あぁ、彼は亡霊面の生みの親(前回ブログ参照)てつくんでした(笑)

海神楽ー⑥-2
こちらの方たちですね。

海神楽ー⑥-4
そして、、、
どうやら、その魅力に惹かれていたのは我々だけではないようですね。

この少年は何を感じていたのか?

男達の背中を見ているようですね。

海神楽ー⑥-3
スタンディングオベーションが一周して、足が上がっちゃいましたか(笑)

いつか、「なんだ、京都の団体か~」

じゃなく、

「京都の団体なのに、ここまでできるのか!!」

といってもらえるように。

お客さんをギャフンと言わせ、ひきつける高みを目指して、頑張っていきたいものです。

人間やはり、『魅力』☆
神楽をやっているといろんな『魅力』に出会うのです☆
それが、楽しく、楽しみでもあります。

おぉ、、島根行きてぇ。。。

                             瓜生山の風ミスター007
師匠の開催する神楽面の絵付け体験教室に参加させてまらいました。
神楽の面に絵の具で絵付けをします。

海神楽⑤-5
子どもが絵付けした面です。
実にいきいきとしています。

子ども達の感性のことは、師匠のブログをみてくだされば、よく伝わります。

そこで、今回は、芸術大学の学生が絵付けをすればどうなるのかというものをお見せします。


今年の伝説の夏男“てつ”くんが作った作品です。

彼はいいました。

てつ「僕、恵比須の面をこの前500円で買ったんですよ~」

てつ「だから、今回は大黒を作ろうと思います。」

私「どんなにするの?」

てつ「どうしたらいいですかね~とりあえず、大黒って描きます。」

そして完成したのが、、、

海神楽⑤-1
えっ、、、、!!

私「えっ!?まゆが点!!? おでこに大黒!!!?」

てつ「何か口がさみしいっすねぇ~」

てつ「見本見て作ります~」

海神楽⑤-4
見本をよくみて・・・って、、、えぇ!!!?

海神楽⑤-2
・・・マジっすか!!?

てつ「完成しました~と満足げ」

海神楽⑤-3
もとの形はまったく同じものです。

てか、これ、、、大黒じゃなく、亡霊じゃないですか、、、。

おそるべき感性の持ち主です。恐いのに、こんなに笑いを生む面も見たことがないです。

ま、この亡霊はおいといて、

これだけだと、京都造形芸術大学はただのおふざけ軍団だと思われてしまうので、、、マジに学生が絵つけた面もお見せします。

海神楽④-8
演目『黒塚』の悪狐です。
安心しました。この細かさ☆

海神楽④-7
こちらは立体造形コースの子が絵つけた面です。
超立体的、迫力があります。これぞ、芸術です。

海神楽⑤-6
ま、そんなことはお構いなく。宿舎に帰っても遊んでいた”てつ”くんでした~◎

温泉津の焼き物館では素焼き面に絵付けができます。
もう一ランク上の作品が簡単にできちゃいます。
温泉津にこられたときは是非やってみてください。案外熱中しますから。

海神楽④-9
私が昨年、作った作品です。
どうです?なかなか、いいでしょ?

                            瓜生山の風ミスター007
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
サークルメンバー
性別:
非公開
自己紹介:
島根県西部に伝わる郷土芸能“石見神楽”の習得、研究、創作に取り組んでいる団体です。
これまでに大分、高知、大阪、そして京都と全国各地で公演を行っており、冬には島根県大田市温泉津町にて
『新春神楽』という舞台公演を企画し、地元及び観光客の方々に披露しております。

2005年より京都造形芸術大学において地域に残る歴史や文化、芸術に着目し、地域活性化につなげようと
『温泉津プロジェクト』を発足しました。
毎年夏に行われるこのプロジェクトは、過疎化の進みつつある島根県大田市温泉津町を、地元の神楽団である
「石見神楽温泉津舞子連中」と京都造形芸術大学の学生による「京都瓜生山舞子連中」とが協力し地域活性化を目指し、
様々な催し物を企画し行うプロジェクトです。

2008年からサークル活動としても動き出し、夏のプロジェクトとしての活動だけではなく、
一年通して芸能の習得、研究を目的として日々精進しております。
Twitter
最新コメント
[10/18 トリーバーチ ハワイ]
[04/10 mi]
[04/10 はるぷ]
[02/19 mi]
[02/19 百花繚乱]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
P R
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 京都瓜生山舞子連中ニュース All Rights Reserved